こころのビタミンプロジェクト in 釜石

こころのビタミンプロジェクト in 釜石

イベント概要


佐渡裕&スーパーキッズ・オーケストラ2018 東日本大震災復興祈念演奏活動
TETTOグランドオープンメモリアル
こころのビタミンプロジェクト in 釜石

兵庫県立芸術文化センター芸術監督の佐渡裕の指揮、小学生から高校生までの子供たちで編成されたスーパーキッズ・オーケストラの演奏で、大規模災害の被害に遭われた被災地の方々の心の復興を願い、こころのビタミンである音楽を届けるプロジェクト。
今年は釜石市民ホールTETTOでも開催します。

出演

芸術監督・指揮:佐渡 裕

©飯島隆

京都市立芸術大学卒業。故レナード・バーンスタイン、小澤征爾らに師事。1989年ブザンソン指揮者コンクール優勝。1995年第1回レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクール優勝。パリ管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ケルン放送交響楽団、バイエルン国立歌劇場管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、北ドイツ放送交響楽団等、欧州の一流オーケストラに多数客演を重ねている。2015年9月より、オーストリアを代表する110年の歴史を持つトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任し、欧州の拠点をウィーンに置いて活動している。また、オランジュ音楽祭「蝶々夫人」(演奏:スイス・ロマンド管弦楽団)、トリノ王立歌劇場「ピーター・グライムズ」、「カルメン」、「フィガロの結婚」など海外のオペラ公演も実績を重ねている。国内では兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラの首席指揮者を務める。CDは「ベートーヴェン〈運命〉/〈未完成〉(ベルリン・ドイツ交響楽団)」など多数リリース。最新盤としてトーンキュンストラー管弦楽団との5枚目のCD「バーンスタインへのトリビュート」を2017年11月にリリース。著書に「僕はいかにして指揮者になったのか」(新潮文庫)、「棒を振る人生~指揮者は時間を彫刻する~」(PHP新書/PHP文庫)などがある。

 

スーパーキッズ・オーケストラ

兵庫県立芸術文化センターの事業として2003年より開始。全国の小学生から高校生までの子供たちをオーディションにより選抜し、佐渡裕の指揮・指導により様々な活動を展開。同センターでの演奏会のほか、各種イベントやテレビ番組への出演をはじめ、2011年からは東日本大震災の被災地を毎年訪問し、心の復興を願う演奏会「“こころのビタミン”プロジェクト」を実施するなど、各地で奏でられるクオリティの高い演奏と純粋な音楽で、全国より注目を集めている。

 

プログラム

ホルスト:セント・ポール組曲より
チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ
モリコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス
レハール:メリー・ウィドウ メドレー
バッハ:シャコンヌ
菅野よう子:花は咲く
ほか
※曲目は変更となる場合がございます。

開催日

2018年4月1日(日)

開場時間

10:30

開演時間

11:00

終演時間

12:00(予定)

会場

釜石市民ホール ホールA

料金

全席自由 入場無料(要整理券)
2018年3月17日(土)から整理券配布
※予定枚数に達したため、配布を終了しました。

プレイガイド

釜石市民ホールTETTO

お問い合わせ

釜石市民ホールTETTO 0193-22-2266

主催等

【主催】釜石市民ホール、兵庫県立芸術文化センター
【共催】釜石市、釜石市教育委員会
【プロジェクト・パートナー】サントリーホールディングス<サントリー東北サンさんプロジェクト>
【プロジェクト・サポーター】甲南学園、早駒運輸 神戸シーバス、En女医会
【後援】釜石新聞社