国際音楽祭NIPPON 2020 東日本大震災復興応援コンサート in 釜石~諏訪内晶子&フレンズ~

イベント概要


国際音楽祭NIPPON 2020
東日本大震災復興応援コンサート in 釜石 ~諏訪内晶子&フレンズ~
国際的に活躍するヴァイオリニストで「国際⾳楽祭NIPPON」の芸術監督を務める諏訪内晶⼦さんが珠⽟のメンバーとともに来釜。東⽇本⼤震災被災地を応援するコンサートがTETTOで開催されます。⾄⾼のハーモニーをお楽しみください︕
◎被災地応援のため特別に無料で開催されるコンサートです。
◎新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止となっていた2020年3月12日(木)公演の振替公演となります。3月12日公演の整理券は無効となりますので、改めて整理券を配布いたします。

新型コロナウイルス感染予防のため、座席数を約50%【設定座席数:420席】に制限して開催いたします。
また以下の項目にご協力をお願いいたします。
・ご来場時、および公演中はマスクの着用をお願いいたします。
・自宅出発前に検温と体調チェックを行い、発熱がある場合や体調がすぐれない場合は、来場をお控えください。
・施設入口に設置しているアルコール消毒液で、手指の消毒をお願いします。
・入場前の検温にご協力お願いします。
・こまめな手洗いと咳エチケットの励行をお願いします。
・会場内では、開場中・休憩中含めて、可能な限り会話をお控えいただくようお願いします。
・体調が悪くなった場合は、ご遠慮なくホールスタッフにお申し出ください。
・連絡先(お名前・連絡先電話番号・住所)のご提供にご協力をいただき、万が一感染者が出た場合は保健所等関係機関と共有させていただく事にご了承願います。

プログラム

イザイ︓≪2つのヴァイオリンのためのソナタ≫より第3楽章
ブラームス︓ピアノ三重奏曲第3番 Op.101
ドヴォルザーク︓ピアノ五重奏曲第2番 イ⻑調 Op.81

※プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

出演

諏訪内 晶子(すわない あきこ)ヴァイオリン
国際音楽祭NIPPON芸術監督

©TAKAKI KUMADA


1990年史上最年少でチャイコフスキー国際コンクール優勝。これまでに小澤征爾、マゼール、デュトワ、サヴァリッシュらの指揮で、ボストン響、フィラデルフィア管、パリ管、ベルリン・フィルなど国内外の主要オーケストラと共演。BBCプロムス、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン、ルツェルンなどの国際音楽祭にも多数出演。2018年はハンブルクでのアルゲリッチ主宰の室内楽音楽祭やアンスネス主宰ローゼンダル音楽祭、ブラティスラヴァ音楽祭への参加や、フランス国立ロワール管、ドレスデン国立歌劇場管他と共演し、2019年2月~3月にはベルリン放送交響楽団とベルリン及び日本において共演を予定。また、2012年、2015年、エリーザベト王妃国際コンクール、2018年ロンティボー国際コンクール及び2019年チャイコフスキー国際コンクール ヴァイオリン部門審査員。2012年より「国際音楽祭NIPPON」を企画制作し、同音楽祭の芸術監督を務めている。デッカより14枚のCDをリリース。

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコース修了。文化庁芸術家在外派遣研修生としてジュリアード音楽院本科及びコロンビア大学に学んだ後、同音楽院修士課程修了。国立ベルリン芸術大学でも学んだ。
使用楽器は、日本にルーツをもつ米国在住のDr.Ryuji Uenoより長期貸与された1723年製作のグァルネリ・デル・ジェズ「チャールズ・リード」。

 

テディ・パパヴラミ ヴァイオリン

©Jean-Baptiste Millot


5歳で教育者として優秀な父から初めて手ほどき受け急速に上達。3年後、ティラナ・フィルハーモニー管弦楽団との共演でサラサーテ《ツィゴイネルワイゼン》を演奏。1990年代ソロと室内楽の輝かしいキャリアを開始。2014年イザイの《6つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ》をリリースし《2つのヴァイオリンのためのソナタ》をスヴェトリン・ルセフとの共演で収録。現在、ジュネーヴ州立高等音楽院教授。使用楽器はChristian Bayonがパパヴラミのために製作。

 

鈴木 康浩(すずき やすひろ) ヴィオラ

読売日本交響楽団ソロ・ヴィオラ奏者。5歳よりヴァイオリンを始め、桐朋学園高等学校音楽科を経て桐朋学園大学卒業。卒業後ヴィオラに転向。第7回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部第1位ほか受賞多数。2001年よりドイツのカラヤン・アカデミーで研鑽を積み、ベルリン・フィルの契約団員となる。またサイトウ・キネン・フェスティバル、宮崎国際音楽祭など多方面で活躍を続けている。

 

アンリ・ドゥマルケット チェロ

1970年パリ生まれ。13歳でパリ国立高等音楽院に入学し、ジャンドロン、フルニエ、トルトゥリエに師事。アメリカではシュタルケルに学ぶ。17歳の時にシャトレ座でリサイタル・デビュー。ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールなど数々の入賞歴を持ち、現代音楽にも造詣が深い。ニュアンス豊かな表現力が魅力で、エンゲラーとの仏音楽アルバムなどCD録音も多数。エコールノルマル音楽院教授。使用楽器は“Goffredo Cappa”、使用弓は1820年製の“Persois”。

 

阪田 知樹(さかた ともき) ピアノ

©HIDEKI NAMAI


2016年フランツ・リスト国際ピアノコンクール(ハンガリー・ブダペスト)第1位、6つの特別賞。第14回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール最年少入賞。

ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、聴衆賞等5つの特別賞、クリーヴランド国際ピアノコンクールにてモーツァルト演奏における特別賞、キッシンジャー国際ピアノオリンピック第1位及び聴衆賞。東京藝術大学を経て、ハノーファー音楽演劇大学ソリスト課程ピアノ科に在籍。コモ湖国際ピアノアカデミーでも研鑽を積む。2017年横浜文化賞文化・芸術奨励賞受賞。

開催日

2021年2月13日(土)

開場時間

12:30

開演時間

13:00

終演時間

15:00(予定)

会場

釜石市民ホールTETTO ホールA

料金

全席自由 入場無料 要整理券
※未就学児入場不可
※配布枚数が予定枚数に達し次第、配布を終了いたします。

2020年3月12日(木)公演の整理券は無効となります。
観覧を希望される方は、改めて2021年2月13日(土)公演の整理券をお受け取りいただく様お願いいたします。

プレイガイド

1月中旬頃整理券配布開始予定

お問い合わせ

釜石市民ホールTETTO
TEL 0193-22-2266
info@tetto-kamaishi.jp

備考

当ホールには専用駐車場がございません。車でご来場の際は、市営大町駐車場など近隣の有料駐車場をご利用くださいますようお願いいたします。

【大町駐車場割引券サービス】
公演当日、ホール総合案内に整理券と大町駐車場駐車券を提示いただくと、駐車1時間サービス券2枚を進呈いたします。ぜひご利用ください。

主催等

【主催】釜石市民ホール
【共催】岩手日報社、IBC岩手放送
【協力】ユニバーサル ミュージック
【企画制作】ジャパン・アーツ
【制作協力】岩手県文化振興事業団
【特別協賛】株式会社豊田自動織機、トヨタ自動車株式会社、豊田通商株式会社、アイシン精機株式会社